« 高井11回無安打17K | トップページ | 第86回全国高校サッカー県1次予選 »

2007/07/25

気迫に気後れ完敗

川和 001 210 003=7
商大 001 000 000=1

 「完全な力負け。完敗です」。主将で4番、横浜商大・水口のさばさばした表情がすべてを物語っている。散発4安打。好投手丸山を攻略できないまま終わった。
 外角中心に攻めてくるのは分かっていた。対策は「追い込まれるまでは外の直球を狙う」。しかし、タイミングがまったく合わない。2ストライク以降はスライダーが中心だが、分かっていても打てなかった」と水口。6回2死2、3塁と8回1、3塁で打席が回ってきたが、いずれも泳がされて二ゴロと右飛に打ち取られた。
 昨夏の2回戦でも対戦している。3-0で勝ったが、打ち崩した印象を選手たちは持っていなかった。それから1年ぶりの再戦。コントロールも球威も変化球の切れも、すべてが格段に成長していた。厳しいコースを攻めてきた」。水口もそう認めざるを得なかった。
 同点適時打など2安打の栗田が言う。「期するものがあったと思う。私学を倒してやるという気迫がすごかった」。私学と公立。シードとノーシード。優位なはずの商大打線が、気後れを感じていた。(7月25日付神奈川新聞)

|

« 高井11回無安打17K | トップページ | 第86回全国高校サッカー県1次予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気迫に気後れ完敗:

» ベスト8決まる。~高校野球神奈川県大会~ [Mスポ]
神奈川県大会もいよいよ5回戦、シード校同士の対戦も始まりいよいよ優勝へのカウント [続きを読む]

受信: 2008/02/07 17:50

« 高井11回無安打17K | トップページ | 第86回全国高校サッカー県1次予選 »