« 第96回全国高校サッカー県1次予選(3) | トップページ | 2017 県民体育大会ソフトボール »

2017/07/23

河野 悔やむ押し出し/夏季4回戦

<横浜商大 2 - 3 横浜隼人>

 7回2死。横浜商大のエース河野は痛恨の押し出し四球で勝ち越しを許した。「あの場面だけ自分の中で熱くなって三振を取りにいってしまった」。それまで横浜隼人の強力打線を封じていた右腕は自らを責めた。

 守備陣は強固だった。外野は「定位置より10㍍くらい後ろ」(主将相ヶ瀬)に下がり、長打警戒の大胆なシフトで応戦。打者データに合わせてポジションを細かく変え、安打性の当たりを何度か正面で止めていた。

 被安打6のうち長打は1本。2戦連続で毎回安打していた相手の勢いをそぐ理想的な展開だったからこそ、河野は「もっとバックを信じて投げればよかった」と悔やむ。

 3度の甲子園出場を誇る伝統校も、ここ5年はノーシード。このチームは昨秋県大会4強の力があっただけに、残念な結末となった。

2017/7/22 神奈川新聞13面

|

« 第96回全国高校サッカー県1次予選(3) | トップページ | 2017 県民体育大会ソフトボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80559/65569500

この記事へのトラックバック一覧です: 河野 悔やむ押し出し/夏季4回戦:

« 第96回全国高校サッカー県1次予選(3) | トップページ | 2017 県民体育大会ソフトボール »