« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019/07/31

第92回玉竜旗高校剣道大会(2)

7/27-29 福岡市総合体育館

【男子Aパート】

◇2回戦

横浜商大高 4 - 0 中村学園三陽(福岡)

髙﨑龍 メコ - 村田湧成

髙﨑龍 ドコ - 田中亮太朗

髙﨑龍 ド- メ 川邊翔太

田中聖瑛 メド - 安藤幸紀

田中聖瑛 メド - 鹿毛風矢

◇3回戦

横浜商大高 0 - 3 和歌山北(和歌山)

髙﨑龍 - 松崎秀翔

田中聖瑛 - 谷坂克海

長谷川文貴 - メ 下村 亮

竹内秀真 メ - メコ 下村 亮

棚本陸 - メコ 下村 亮

 

優勝 福岡第一(福岡)

準優勝 福岡大大濠(福岡)

三位 東海大福岡(福岡)、龍谷(佐賀)

五位 島原(長崎)、東福岡(福岡)、敬徳(佐賀)、九州学院(熊本)

| | コメント (0)

第92回玉竜旗高校剣道大会(1)

7/24-26 福岡市総合体育館

【女子Cパート】

◇2回戦

横浜商大高 1 - 2 佐賀北(佐賀)

荻野里帆 - メコ 木原怜子

清水結花 コ - 木原怜子

清水結花 - 木村璃音香

渡邉くるみ - 杠姫来々

鈴木悠生 - 副島茉裕

新倉ひなた - メ 山口帆波

 

優勝 中村学園女子(福岡)

準優勝 守谷(茨城)

三位 島原(長崎)、東奥義塾(青森)

五位 札幌日大(北海道)、筑紫台(福岡)、福翔(福岡)、三養基(佐賀)

| | コメント (0)

2019 横浜地区高校バスケットボール大会

7/13 市立東高

◇女子ブロック1回戦

横浜商大 32 - 62 荏田

| | コメント (0)

第70回関東高等学校選手権水泳競技大会

7/20-22 山梨県小瀬スポーツ公園水泳場

【男子】◇50m自由形予選

18位 三橋拓也 24.27

◇100m自由形予選

13位 三橋拓也 52.64

| | コメント (0)

2019/07/30

2019 全国高校総体フェンシング(2)

7/30 霧島市牧園アリーナ

◇女子団体3回戦

横浜商大 2 - 5 高松北(香川)
(坂口1勝2敗、当山1勝1敗、高橋2敗)

| | コメント (0)

2019/07/29

第11回県U-18サッカーリーグ(4)

7/28 東海大相模高

【K4・Yグループ】

横浜商大高 5 - 0 市ヶ尾高B
(4-0/1-0)

| | コメント (0)

2019 全国高校総体フェンシング(1)

7/29 霧島市牧園アリーナ

◇女子団体2回戦

横浜商大 5 - 0 石山(滋賀)
(坂口2勝、当山1勝、高橋2勝)

| | コメント (0)

2019 県私立高校女子ソフトボール夏季大会

7/15、22 向上高ほか

◇1回戦
横浜商大 不戦勝 法政国際

◇準々決勝
横浜商大 0 - 15 向上

| | コメント (0)

2019/07/23

横浜商大、投打に粘り力出し切る 8回には1点差に迫る

 1点差に詰め寄って迎えた8回の守り。横浜商大の主戦松井は2四球で2死一、二塁のピンチを迎えた。「完全にスタミナ不足。頭がいろいろな方向にいってしまった」。相手の1番打者に高めの直球を右中間にはじき返され、決定的な2点を失った。

 6回以降に6四球を与えて傷口を広げたエースは「相手は粘り強くてやりづらかった」というが、第1シード相手に粘投して一方的な展開にはさせなかった。

 アクシデントも乗り越えた。3回戦で正捕手・頼住が右足の肉離れ。これを背番号7の吉田がカバーし、4回戦に続いてこの日もマスクをかぶり、7回には1点差に迫る適時打も放った。

 春の県大会は2回戦で10-11で敗退。「接戦をものにするチーム」を目指してきた八木澤辰巳監督(47)は「選手はやろうとしてきたことをやり切った」とたたえた。

2019/7/23 神奈川新聞

| | コメント (0)

2019/07/22

第11回県U-18サッカーリーグ(3)

7/21 桐蔭学園高

【K4・Yグループ】

横浜商大高 8 - 0 FC AIVANCE YOKOSUKAユース
(2-0/6-0)

| | コメント (0)

2019/07/21

商大・打線活発9点 冷夏の快進撃、再現へ

 快勝の横浜商大が2年連続の5回戦進出。3安打3打点の主将勝良は「試合を重ねるごとに自信を持ち、勢いに乗れている」と右肩上がりのチーム状態を強調した。

 1、2回戦で苦戦した反省でセンターから逆方向への意識を徹底。その後の2試合は初回で先制して、流れをつかんだ。先制の2点打を放った小柴は「2回戦までは勝てるだろうと甘さがあった。今はしっかり準備できている」と表情を引き締める。

 神奈川を制した1993年、2003年はともに冷夏だった。涼しい日が続く今夏は八木澤辰巳監督(47)への周囲の期待は膨らんでいる。勝良は「校長先生からもそう言われてますが、気候はみんな同じこと。自分たちの野球をしっかりやることが大切」と冷静だ。小柴は「自分は聞いたことがないけど、その流れに乗りたい」と笑った。

 冷夏に無類の強さを誇った前監督の金沢哲男顧問(61)も「そう甘くはないよ」と一言。第1シードの鎌倉学園との次戦だけを見据えていた。

2019/7/21 神奈川新聞

| | コメント (0)

2019/07/13

第98回全国高校サッカー県1次予選

7/13 藤沢清流高

【ブロック2回戦】

横浜商大 1 - 1 藤沢清流
(1-0/0-1/0-0/0-0/3PK5)

| | コメント (0)

2019/07/11

第101回高校野球選手権神奈川大会1回戦

2019/7/11 横浜商大-麻生 @保土ヶ谷球場

【2回裏】6番平田が四球を選び出塁。7番松岡は左前打で続き、8番頼住は犠打で走者を進め、9番露木は四球を選び一死満塁とすると、1番武藤の中犠飛で平田が生還する。さらに捕逸で松岡が生還。2番勝良、3番海辺、4番城重の連続四球で露木が生還し、3点を先制する。

【4回裏】二死から2番勝良が敵失で二塁まで進む。暴投で三塁を狙うと捕手の三塁悪送球で一気に生還する。

【8回裏】一死から5番小柴が左翼線二塁打で出塁。6番平田の右犠飛、7番松岡の死球で二死1・3塁とすると、暴投で小柴が生還する。さらに8番頼住が左翼線二塁打を放ち、松岡が生還する。

【9回表】一死から死球の走者を出すも、後続を打ち取り、6-0で勝利。2回戦進出を決めた。

先発の松岡は9回を投げ、4安打無失点の好投だった。

【出場選手】
6武藤
5勝良→4勝良
9海辺
8城重→5城重
3小柴
7平田
1松岡
2頼住
4露木→H伊藤→8塚本

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0870197563504525"
data-ad-slot="5089923857"
data-ad-format="auto">

| | コメント (0)

2019/07/03

第11回県U-18サッカーリーグ(2)

6/30 川和高

【K4・Yグループ】

横浜商大高 4 - 0 川和B
(2-0/2-0)

| | コメント (0)

2019/07/01

第11回県U-18サッカーリーグ(1)

6/22 氷取沢高

【K4・Yグループ】

横浜商大高 10 - 0 氷取沢・磯子B
(4-0/6-0)

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »