« 第98回全国高校サッカー県1次予選 | トップページ | 第11回県U-18サッカーリーグ(3) »

2019/07/21

商大・打線活発9点 冷夏の快進撃、再現へ

 快勝の横浜商大が2年連続の5回戦進出。3安打3打点の主将勝良は「試合を重ねるごとに自信を持ち、勢いに乗れている」と右肩上がりのチーム状態を強調した。

 1、2回戦で苦戦した反省でセンターから逆方向への意識を徹底。その後の2試合は初回で先制して、流れをつかんだ。先制の2点打を放った小柴は「2回戦までは勝てるだろうと甘さがあった。今はしっかり準備できている」と表情を引き締める。

 神奈川を制した1993年、2003年はともに冷夏だった。涼しい日が続く今夏は八木澤辰巳監督(47)への周囲の期待は膨らんでいる。勝良は「校長先生からもそう言われてますが、気候はみんな同じこと。自分たちの野球をしっかりやることが大切」と冷静だ。小柴は「自分は聞いたことがないけど、その流れに乗りたい」と笑った。

 冷夏に無類の強さを誇った前監督の金沢哲男顧問(61)も「そう甘くはないよ」と一言。第1シードの鎌倉学園との次戦だけを見据えていた。

2019/7/21 神奈川新聞

|

« 第98回全国高校サッカー県1次予選 | トップページ | 第11回県U-18サッカーリーグ(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第98回全国高校サッカー県1次予選 | トップページ | 第11回県U-18サッカーリーグ(3) »