« 横浜商大・帯川、野球一家の意地 父・兄に届けた一振り | トップページ | 第12回県U-18サッカーリーグ(1) »

2020/08/13

横浜商大打線活発 5番石川、2ラン含む3安打3打点

 横浜商大17ー0川崎総合科学 ヒーローを一人に絞るのは難しい。10本の長打を含む19安打の横浜商大。活発な打線の中から強いて挙げるならば、ダメ押し2ランを含む3安打3打点の石川だろうか。
1─0の一回、左前へのタイムリーで波に乗ると、極め付きは14─0の5回1死一塁だ。初球のカーブを捉えレフトスタンドへ。「点差がついたば場面だったけどうれしかった」。約1年ぶりの一発は、不遇の時間を力に変えた証だった。

 活動休止期間中は秦野の自宅周辺で旧友たちとトレーニングに明け暮れた。80㌔だった体重は微増。「最初は体のバランスが崩れた感じもあったけど、秋に比べて遠くに飛ばせるようになった」。5番打者の成長は打線に厚みをもたらしている。

 「きょうは黒田がしっかり投げてくれたのが勝因」。捕手らしく1安打零封の右腕をたたえたかと思えば、「守備より打撃が好き」とはにかむ3年生。平塚学園とぶつかる5回戦へ「厳しい試合になると思うが、打線をつなげて、守って勝ちに行く」とねじを巻き直した。

2020/8/13 神奈川新聞

|

« 横浜商大・帯川、野球一家の意地 父・兄に届けた一振り | トップページ | 第12回県U-18サッカーリーグ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜商大・帯川、野球一家の意地 父・兄に届けた一振り | トップページ | 第12回県U-18サッカーリーグ(1) »